観葉植物を飾った洗面台

【洗面室リフォーム】費用を安く抑えてこだわりも諦めないポイント!

ほとんどの人が、一日の始まりを過ごす場所であろう洗面室。

家族構成やライフステージの変化で、洗面室の使い方も変わってきます。
今後、長く使える洗面室にリフォームしたいな。

でも、なるべくリフォーム費用は抑えたい……。

今回は、理想の洗面室リフォームをできるだけ安く、最低限の予算で行うためのポイントをご紹介します。

洗面室リフォームの相場価格

蛇口とユーロ札

一言に「洗面室のリフォーム」と言っても、具体的にどのような工程があるのか、気になりますよね。洗面室は、家の中ではトイレの次に狭い空間といってもいいでしょう。洗面台の交換と、壁紙(クロス)や床材の張替えで、理想のリフォームが叶うことも多くあります。

では、それぞれどのくらいの費用がかかるのか、相場をみてみましょう。

洗面台本体の交換

洗面台の本体は、安いものでは10万円前後から、高いものでは30万円を超える商品があり、リフォーム費用は洗面台のグレードとサイズで大きく変わります洗面室の間口の幅や、設置するスペースのサイズをきちんと確認しておきましょう。

洗面台本体とは別に、洗面台の取付費用も必要です。

洗面台の交換工事費の相場は、スタンダードなら30,000円~。ハイグレードなら30,000円~50,000円です。

壁紙(クロス)と床の張替え

壁紙の貼替え

洗面室の一般的な広さは、3畳以内。広さや天井までの高さにもよりますが、壁紙(クロス)の貼替えは30,000円~50,000円程度で行うことができます。

また、選ぶ壁紙の種類によっても費用は変わります。洗面室は浴室とつながっていることが多いので、湿気がこもりやすいことを考慮し、撥水性・耐水性に優れたものを選びましょう。

床の張替え

リフォームをするなら、床下地の状態も確認しておくことがベターです。

先ほども述べたように、洗面室と浴室は続いていることが多いです。洗面室には浴室からの湿気がこもりやすく、床材や状況によっては床下地まで傷んでいる場合があります。必要に応じて、修繕しておくことをおすすめします。一見、予算がかさむようにも思われますが、結果的には家そのものの寿命を延ばすことに繋がります

床の張替えの予算を抑えるためのポイントは、床材選び価格帯が幅広く、耐水性に優れたクッションフロア は、できるだけ安く抑えたい洗面室リフォームに最適な床材といえます。フローリング調やタイル調など、デザインも豊富なので雰囲気を保てます。工法にもよりますが、クッションフロアを採用した場合、1平方メートルあたり3,000円~4,000円で張替えができます。

洗面台本体のグレードと選び方

鏡の前で化粧をする女性

洗面室リフォームにかかる費用の大半を占めるのが、洗面台本体の費用です。しかし、安さばかりに気を取られていては「リフォーム前の方が使い心地が良かった」となってしまうことも。

無駄な費用をかけず、失敗のない洗面台の選び方を【ハイグレード】【ミドルグレード】【スタンダードグレード】の3つのタイプに分けてご紹介します。

【ハイグレード】デザイン性と機能性を追求したい人におすすめ

オプションパーツや機能を自分好みにカスタマイズでき、デザイン性が高いことが魅力のハイグレード洗面台。化粧台と一体になった洗面化粧台が一般的です。スペースに余裕があれば、収納キャビネットが大きく確保できます。洗面ボウルも広くゆったりとしたものを選べるので、憧れの大きな洗面台に仕上げられます。

しかし、不必要に大きなサイズを選んだり、あれもこれもとオプションを追加したりすると、費用はどんどん膨らんでしまいます。ハイグレードの中でも、家族構成や使い方に合ったサイズと機能を見極めて精選することで、こだわりを諦めずに費用を抑えることができます。

【ミドルグレード】日々の身支度など、使用頻度の高いファミリー層におすすめ

間口600mmのコンパクトサイズから1200mm程のゆったりサイズが揃うミドルグレード洗面台。必要な機能性と使い勝手のよさを備え、ハイグレードよりも求めやすい価格帯が魅力です。

毎日の身支度や外で遊んだ子どもたちの手洗いなど、洗面室を頻繁に使うファミリー層におすすめ。ミドルグレードでもカラーやデザインによっては、実際の価格以上の高級感を演出することができるので、選び方次第でハイグレードより費用を抑えた高機能な洗面台リフォーム が叶うでしょう。

【スタンダードグレード】必要最低限の機能を求める人におすすめ

1〜3人の少人数の世帯や「洗面台は顔が洗えるスペースがあれば十分」という方におすすめのスタンダードグレード。コンパクトなデザインなので、洗面室を広く使うことができます

しかし、収納が少ないので、散らかりやすい点がデメリット。「モノを置かない」「収納棚を別で設置する」など、工夫が必要です。もし、既存の洗面台の悩みとして収納の少なさが挙げられるなら、収納容量の大きなタイプを選ぶのもひとつの方法です。

リフォーム費用を安く抑える3つのポイント

3本指を出した手と3つの白熱球

ここまでは、洗面室リフォームの相場価格、洗面台の選び方を紹介してきました。この章では、さらに安く抑えるためにできる3つのポイントを紹介します。

設備機器を自分で探す

先述のように、洗面室リフォームにかかる費用の多くは洗面台設備で占められます。

つまり、設備費を安くすれば、リフォーム費用も大幅に安くなる可能性があるということだね。

洗面台選びで希望の洗面台が決まったら、型落ちの在庫やアウトレット、ホームセンターでの購入など、洗面室の設備機器を個人で購入する方法を検討してみましょう。

ただし、設備や部品の施主提供に対応していない業者もあるので、購入する前に確認が必要。見積もりを請求する際に、併せて業者に確認しておくと良いでしょう。

依頼する業者を比較する

「リフォーム業者」と一言に言っても、その実績は様々。特に水回りのリフォーム実績が多い業者を選びましょうまた、水回り専門の業者や、地元の工務店に依頼するのも1つです。いずれにしても、費用を安く抑えるためには数社から見積もりを請求する必要があります。

リフォームする目的と範囲を明確にしておく

リフォーム内容をプランニングしていると、ついつい色んな機能や設備を追加したくなってくるでしょう。でもそこはぐっと堪えて。その機能や設備、本当に必要ですか?

洗面室に最低限必要な設備は、洗面ボウル水栓です。また、「あったら便利」な設備は、タッチレス水栓、スイング三面鏡、足元暖房、タイマー付き換気扇など。

ここで、あなたが洗面室をどのように使いたいかを、改めてよく考える必要があります。「あったら便利」に挙げた設備は、住む人にとっては必要な設備にもなります。

例えば、スイング三面鏡は、女性のヘアスタイルのチェックに。足元暖房は、高齢者の冬場のヒートショックの予防になります。

このように、要望やこだわりを明確にすることにより、必要な機能は備えて、他の部分で予算削減できるようにプランニングしましょう。

まとめ

洗面室は、毎日使う場所。予算を安く抑えることに気を取られすぎると、結果的に使いにくい洗面室にもなりかねません。それなら、必要なポイントやこだわりを明確にプランニングし、日々の生活がより豊かになるような洗面室を目指しましょう。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る